楽器用パッチケーブルの仕様について

L字プラグの種類

 

HKM L104

立ち上がりとレスポンスが速く切れがよいです。

アタック反応の良さを求める場合に適しています。リリースは短めです。

ペダルボードなどで多重に重なる場合は傾向が強くなっていきますのでG&Hが適している場合が多いです。

 

 

G&H RF2P-NNN

高品質なベーシックサウンドです。

レスポンス応答は速く、かつ馴染みの良いホットさがあるのでバランスがよいです。

汎用性が高く安定したフィーリングが得られます。

接点が多くなるシステムに適しています。 

 

 

 

線材の撚りに対してのL字プラグの向き指定

 

より高い性能を得るためには、

線材の撚りに対して逆向きやねじりは好ましくありません。

 

接続する機器の位置が確定している場合は、

差し込むジャックの向きにあわせてプラグの向きを最適化することで

最大の性能を得ることが出来ます。

  

1. よれに対して外向き

2. よれに対して内向き

3. インが外向き、アウトが内向き

 

4. インが内向き、アウトが外向き

 

5. よれに対して横向き