使用ユーザー様のコメント

岸田教団様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL (FURUTECH・Montreux・G&H仕様)

(レコーディング・ライブ用ギターシールドケーブルとしてご使用いただいております。)

 

頂いたコメント(岸田様より)

 

 「良いケーブルなんてこの世にはなくて、悪いケーブルとそこまで悪くないケーブルしかない。

 その悪くないケーブルの中でもspirit XXLは最も悪くないものの一つであると思います。」

  

  

webサイト

Twitter 

  

 

 

 

 

一之瀬 ユウ様

ご使用モデル

Sommer SpiritXXL L-S 3m

L:Montreux Arena L

S:FURUTECH FP703

 

ご使用の楽器

 ■楽器

・Gibson LP std plus('00)

・Gibson Histric Collection 2014 Models 1956 Gold Top

・Gibson ES-335 Cherry('68)

・Gibson ES-335PRO Faded Cherry('79)

・Gibson Memphis ES-335 Ebony('14)

・Gibson Memphis ES-355 w/Bigsby VOS Classic White('16)

・Sugi DH496 HLG(Order-made)

・Psychederhythm Hollow-T LiMITED Phantom Blue

 

■機材

・Kemper Profiling Amplifier

 

■Audio Interface

・RME Fireface UCX

 

演奏ジャンル

ロック、ポップス

 

 

頂いたコメント

 

使用してみての感想ですが、いい意味でとても驚きました。

 

以前使っていたシールドにも不満があるつもりではなかったんですが、ヴェルトワイヤリングの物を使ってしまうともう戻れませんね。

 

特に速度感と音のレンジは想像以上でした。

レスポンスが良いと単純に弾いてて楽しくなります。

ピッキングニュアンスとかも含めて出したい音がコントロールしやすくて、今まで気が付かなかった繊細な部分まで見えるようになりました。

 

音のレンジに関して言うと

「なにこれレンジ広い、レンジお化けじゃん」みたいな。

僕のギター実はこんなに倍音出てたのねって感じ。

かと言ってどこかがブーストされたり色付けされているような感じではないです。

上から下まで非常にナチュラルでいて、かつ刺激的で上品さがあると思います。

どんな楽器でもそうですが、ミックスをするときって特定の周波数帯を削ることは出来ても、録りの段階で出てない部分はどうにもならないですからね。

 

音作り全体についても言える事ですが、あらゆる面での自由度がとても高くなりました。

 

どれだけ良い楽器や機材を使っていても、ケーブル1本でここまで影響があるのだと改めて実感させられました。

当たり前なんですけど、アウトプットに対してシールドが占める割合というのはとても大きいのだなぁと。

 

現在使用しているシールドやその他ケーブルに不満を持っている方はもちろん、満足している方にも演奏における表現の1つとして、是非試して頂きたいと思います。

 

 

 

webサイト

Twitter 

 

 

 

 

 

 

シンイチロー様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL (FURUTECH仕様)

 

ご使用の楽器

James Tyler USA studio elite 2k/Taylor 814ce/ Line6 Helix など

 

演奏ジャンル

 Pops/fusion/AOR/Rockなど

 

頂いたコメント

 

ニュアンスをそのまま表現してくれる繊細さと力強さを兼ね備えている非常に素晴らしいケーブルです。

これまでただレンジが広く劣化が少ないケーブルは試してきましたが、それらと比較して非常に音楽的なレンジとレスポンスの良さがあるケーブルだと感じました。

録音でもライブでも僕の音作りには欠かせないピースの1つです。 」

 

 

Twitter 

 

 

 

 

 

こばやし(肉)様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL (FURUTECH・Montreux仕様)

 

ご使用の楽器

 ATELIER Z CUSTOM

 Warwick Fortress Fretless Custom

 

演奏ジャンル

 アニソン、メタル、ジャズ、フュージョン

 

頂いたコメント

 

 「指先の繊細なタッチをそのままアンプに送ってくれる。

 ケーブルも柔らかくて取り回しもよく、赤坂BLITZで使用した際も、逆に小さなライブハウスでも、

 欲しい音を欲しいタイミングで出してくれる。 」

 

 

Twitter 

 

 

 

 

 

石田 秀登様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL S-S(FURUTECH仕様)

 

ご使用の楽器

 ギター ベース

 

演奏ジャンル

 Jpop アニソン

 

頂いたコメント

 

 「音が太く速くなりました。太いといっても抜けが悪い訳でなく、こんなにローが鳴ってたのかと。

 ベース用に購入しましたが、ギターにも凄く良いので必ずRECの時に使わせて頂いています!

 あと見た感じも高級感あってカッコイイ!」

 

 

Twitter 

 

 

 

 

スケメタ様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL S-S(FURUTECH仕様)

 

ご使用の楽器

1969 Gibson EB-3L

1964 Gibson ThunderbirdⅡ
AVALON U5
t.c. electronic TC1140
dbx 160X
Fender BASSMAN 100T

 

演奏ジャンル

ポップでロックでメタルでパンクでハードでコアみたいな奴。

 

頂いたコメント

 

「BELDEN 8412(NEUTRIK NP2X-B)が今までメインだったので、それとの比較を主に。

 

・定数的な違い

 一番の違いは、強く弾いたときに歪んで伸び切らなかった上下の帯域が伸びるようになったこと。

 それに伴い録音したときの波形も、より振幅が明確になった。

 

・直感的に感じた違い

 生音とラインソースの一致性が高まった。(生音とDI等を通した音がより近い印象になった)

 演奏の追従性・再現性が高まった。(演奏を変えた時にアンプから出てくる音もちゃんと変化が感じられるようになった)

 何となくボヤけているように感じた音像のピントが合ったような感覚が得られた。

 

・メリット

 所謂音抜けが良くなり、かつ演奏の違いによる音の変化も明確になる。

 他のパートの邪魔をしていた歪みの部分が取れたので、合奏時・ミックス時に扱いやすい音になる。

 取り回しが良い。

 演奏の追従性が高まり個人的にはより弾くのが愉しくなった。

 

・デメリット

 フォンコネクターがデカい。

 些細なミスも目立つようになる。

 

前衛ジャンルやソロベース系だとどうか分かりませんが、所謂歌物のポップ、ロック、メタルなどのベースのいては知る中で最強の一手ではないでしょうか。」

 

 

Twitter 

webサイト

 

 

 

 

ダニエルイトウ(モノクロ殺人現場写真)様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL S-S(FURUTECH仕様)

 

ご使用の楽器

'57 Gibson レスポールジュニア

'75 Fender プレシジョンベース

無銘改造ストラトキャスター

 

演奏ジャンル

ロックバンド形式でのレコーディング、ライブ演奏

 

頂いたコメント

 

「現在ではバンド:モノクロ殺人現場写真の竿物楽器隊の3人全員がSpirit XXLを使用しています。

 

まず初めて僕がケーブルをお借りして試奏した時、強く弾けば強く音が、弱く弾けば弱く音が出る、ニュアンスとタッチにものすごく忠実で反応性が良いケーブルだと感じました。

ニュアンスやタッチという言葉を見ると繊細なフレーズに呼応するものだと考えがちですが、反応性が良いというのは、「ジャッ」と弾くのと、「ガッ」と弾くのとの違いすらも出るということです。

なのでロックバンドで歪んだギター・ベースの音を出していても、曲中でピッキングのタッチだけでも十分多彩な表情を演奏できるようになりました。

また、反応性に優れるということはバンドでの演奏中に例えばバッキングギターが一歩身を引いてバックに徹するといったバンド内の音量コントロールがピッキングだけでも容易に行えるようになったので、アンサンブルでのモニタリングがとてもしやすくなりました。

 

余計な脚色は一切せず、意図して弾いたフィーリングがそのまま音として出る。

これがヴェルトワイヤリングの真骨頂なのではないでしょうか。」

 

 

Twitter 

webサイト

 

 

 

 

hanami577様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL (FURUTECH仕様)

 

ご使用の楽器

Fender 66'Jazz Bass

AtelierZ M#245

RS Guitarworks Surfmaster

などなど

 

演奏ジャンル

ポップスやロック系

 

頂いたコメント

 

「レスポンスの速さが段違いで、とにかく使用していて気持ちが良いと感じます。

速さゆえか、アタックから歪みの乗りが良く、減衰も明瞭なので、音色のメリハリがしっかり作れます。(そこが難しくもあるのですが)この速さは他所のケーブルでは味わえないと思います。

また、ワイドレンジなのも特徴で、ギター、ベース問わずに使えています。

楽器の特性も出やすいため、普段の演奏以外にも楽器の選定なんかにも使えそうですね。」

 

 

 

 

nina carbuncle様

ご使用モデル

KLOTZ /MC5000 S-S(FURUTECH仕様)

 

ご使用の楽器

YAMAHAのギター(3万)

YAMAHAのベース(1.5万)

 

演奏ジャンル

ベース、ギターの宅録

 

頂いたコメント

 

「竿の持つ鳴りを最大限に引き出してコントロールすることを旨としていましたが、MC5000にしてから、出した音のうち、どこが音像として気持ちいいか、どこが音楽的に無駄であるのかが顕著に掴めるようになりました。

 

自分の出す音は自分自身。

音の無駄を省くこと、音のコントロールをすることは、

即ち自己の無駄を省くこと、自己をコントロールすること、と、このケーブルに教わりました。

 

自分を欲張ってしまいがちな方にオススメ。」

 

 

 

Twitter

 

 

 

 

やしょーご様

ご使用モデル

Sommer Cable / Spirit XXL S-S L-S (FURUTECH、Montreux L)

 

ご使用の楽器

SAITO S622

DEAN Razorback

Line6 Helix Rack

 

演奏ジャンル

HR/HM

 

頂いたコメント

 

「他社のシールドに比べ、ゲインが高いようです(波形で1~2dB)。

それに伴いエフェクト乗りが良く、弾いていてストレスを感じさせません。

音質としては特定の帯域が凹んだりブーストされたりということはなく、全域においてクリアでフラットなためモダンな印象を受けます。

ケーブルも適度に柔軟性があって取り回しやすいですが、FURUTECHはゴツい形状に加えて重量感があるため、好みが分かれるところです。」

 

 

 

Twitter

webサイト 

 

 

 

 

オオカミサウンド様

ご使用モデル

Sommer / Spirit XXL 3m L-S

L: Montreux Arena L

S: FURUTECH FP703

Sommer / Spirit XXL 3m S-S

S: FURUTECH FP703

 

ご使用の楽器

G'Seven Guitars Jazzmaster

DARKNESS 9OVERDRIVE9 Verre Ookami Sound ver.

DARKNESS 9OVERDRIVE9 Sirius

KarDiaN C9H13NO3/アドレナリン他

 

演奏ジャンル

HR/HM

 

頂いたコメント

 

「私の使用しているギターもかなりハイレスポンスなのですがこのシールドケーブルと組み合わせると驚異的な超ハイレスポンスになります。

音色も味付けが無くクリアなサウンドで歪みノリも良くずっと弾き続けたくなるシールドケーブルです。」

 

 

 

Twitter 

 

 

 

 

 

黒枯様

ご使用モデル

sommer spirtXXL (モントルーL字→フルテック)

Klotz MC5000 (ノイトリックXLR)

 

ご使用の楽器

Fender PB('65)

 

演奏ジャンル

HR/HM

 

頂いたコメント

 

「spirt XXL(モントルーL字→フルテック)

まずは1人で音を出してみてです。

なんと言ってもタッチから発音までの速さがとんでもないです。発音までが速いことで自分のイメージしている音と実際の出音がかなり近づくのでストレスがなくなり、楽器がとても弾きやすくなりました。発音だけでなく音が引くまでも速いので、素早いフレーズで音が詰まることがないし、短く切るフレーズもすぐに止まってくれます。

次に歪みが乗ります。歪みと言ってもアンプだとかエフェクターで作るような歪みではなく、楽器本来の歪み(ドライブ感)です。決して不自然な歪みではないので音が繋がりやすくなるし、ピッキングの仕方で歪み量もコントロール出来るので表現の幅が広がりました。

そしてバンド出会わせてみてです。

僕はアンサンブルをする時に特にバスドラムに合わせてアンプのツマミを決めるのですが、これを使う前(自作の8412使用していました)はイコライザーを演奏しながら常に触っていました。しかしこれを使いはじめてからは合わせの始めにしか触らなくなりましたし、ゲインとボリューム以外はフラットの位置で十分になりました。ベースの音の輪郭がボヤけないおかけでバスドラムとの分離感が程よくなってアンサンブルのやりやすさが上がりました。他のメンバーもやりやすくなったと言っていたので、効果は間違いないと思います。

 

MC5000(ノイトリックXLR)

僕は家での練習をベース→d.i.→ミキサーという環境でやっています。d.i.後のケーブルはさほど変わらないだろうと思いつつも興味本位でレンタルしたのですが、あからさまに変わりました。それまで使っていたもの(自作のカナレL46ES)では絶対に出ないような太い音が出て一瞬で購入を決めました。

 

 

購入前のレンタルの際に他にも色々と貸していただいた中で最も演奏が楽しくできると感じたものをそれぞれ購入しましたが、レンタルしたどれも素晴らしく狙いの分かるものでした。なのでまずはレンタルしてみれば自分にマッチするものを選べると思います。」

 

 

 

Twitter 

 

 

 

 

宮腰 侑子様

ご使用モデル

Sommer SpiritXXL

 

ご使用の楽器

Warwick Thumb Bass 4

 

演奏ジャンル

Rock

 

頂いたコメント

 

「今までは、何も加えない、何も損なわない、楽器本来の音で、ニュアンスを素直に伝えてくれる、というのが、私のシールドを選ぶテーマでした。

しかし、Sommer SpiritXXLを試させてもらって、一音で驚愕。

低音が速い!ブーストって感じじゃなくて、気持ち良く抜ける!

スラップがめちゃくちゃ気持ち良い!!

これは本当に私の楽器??というほどの、素晴らしい変化を実感しました。

 

私のベースはミッド寄りで、これまでバンドサウンドの音作りに悩み続けてきましたが、シールドでここまで変われるのか・・・!

「速さ」、とっても大事です!

 

ひとつひとつ本当に丁寧に作られていて、伊藤さんのこだわり、そして愛を感じながら、気持ち良くプレイさせていただいております。

なくてはならない存在です!

 

親身に相談にのってくださるので、今の自分にぴったりのケーブルに出逢えると思います!

 

宮腰 侑子(指先ノハク/Bass)」

 

 

webサイト

Twitter